業界最高水準!インターネット割引10,000円 今すぐお見積もり

任意保険

任意保険の等級

自動車保険には「等級」という独特の制度が設けられています。等級とは、正式名称『ノンフリート等級』といい、運転者の自動車保険加入歴と事故回数を比べて計数化した数値の事で、この数値が上がるほど自動車保険の支払い料金の割引率が上がります。
等級は1〜20等級で付けてあり、数字が大きいほど無事故で優良ドライバー、保険料は安いということになります。初めて自動車保険に加入した時は6等級から始まり、一年間無事故で過ごせば等級が一つ上がり、支払い料金が割り引かれます。
逆に事故を起こし保険を使うと、1事故につき3等級下がり、保険料がアップします(事故の種類によっては等級据え置きの場合もある・また等級プロテクト特約を付けていれば据え置き)。万が一事故を起こしてしまった場合、損害の負担額がごくわずかであれば、保険を使わずに自腹を切ったほうが、保険料との兼ね合いから長期的に見ると安上がりとなる場合もあります。
また、この等級は契約更新時などで保険会社を変える際にも、それまでの等級が引き継がれます。
割引率は保険会社により異なりますが、概ね下の表のようになります。

等級 保険料割引率(%)
20 −60
19 −60
18 −60
17 −60
16 −58
15 −55
14 −55
13 −55
12 −50
11 −45
10 −40
9 −40
8 −30
7 −20
6 −10  <初期値>
5 −10
4 0
3 +20
2 +30
1 +50

自動車保険に関する情報サイト/自動車保険情報館