業界最高水準!インターネット割引10,000円 今すぐお見積もり

自動車保険の基礎知識

自賠責保険と任意保険の関係

二つの保険は切っても切り離せない関係にあります。
法的には、まず、加害者が自腹で賠償金を支払い、払った分について、加害者は自分のクルマの自賠責保険から補填してもらい、自賠責保険で足りない分を任意保険に補填してもらう、というのが本来の順序です。しかし、保険金をもらう前に加害者が自腹で何百万円、何千万円という賠償金を払うなどということは不可能です。そこで、前面に出てくるのが任意保険の保険会社です。任意保険では、「示談代行」というサービスをしていますので、保険会社の担当者は被害者のところに行って頭を下げ、治療費の支払手続などをして最終的には示談に持ち込もうとします。そして、任意保険会社が示談をまとめていったん全て賠償金を被害者に支払い、その後自賠責保険の負担部分を自賠責保険の保険会社から返してもらう、という順序をとります。これを「一括手続」と呼んでいます。
任意保険には様々なものがあり、保険に入るのなら任意保険一本で事足りるのでは?と思う方も多いかも知れませんが、自賠責保険は車を持つ人間すべて加入する義務があり、また任意保険の加入も自賠責保険の加入が条件になります。
自賠責保険と任意保険は「二つで一つ」と考えましょう。

自動車保険に関する情報サイト/自動車保険情報館