業界最高水準!インターネット割引10,000円 今すぐお見積もり

任意保険

任意保険の種類

保険会社にもよりますが、任意自動車保険には対人賠償保険や車両保険などの基本的な保険から、様々な特約がセットになっているものまであります。

◆対人賠償保険
事故によって通行人や同乗者、事故相手の運転者などを死傷させて、その損害賠償責任を負わなければならなくなったとき、自賠責保険で補償しきれない部分を、加入している契約金額の範囲で補償する保険です。

◆対物賠償保険
事故によって他人の車や建物などの財物を壊し、法律上の損害賠償責任を負ったときに、間接費用(クルマを壊したときの代車代など)を含めて、契約金額の範囲で補償する保険です。特に店舗や信号機、バスなどの場合は、数千万円の賠償額を請求されることが少なくありません。

◆搭乗者傷害保険
事故によって運転者、同乗者が死傷した場合に保険金が支払われる保険です。ただし、軽トラックの荷台に乗っていたり、故意によるもの、飲酒、無免許運転などによる事故で死傷しても保険金は支払われません。

◆自損事故保険
ガードレールに衝突したり ガケから落ちるなどの被保険自動車の単独事故や、信号無視により他車に衝突するなど 被保険自動車に100%過失のある事故により、被保険自動車の所有者や運転者などが死亡したり、後遺障害又は傷害を被った場合 自賠責保険の支払いの受けられない時に保険金が支払われます。ただし、無免許運転・飲酒運転・自殺による故意の事故には支払われません。

◆無保険者傷害保険
クルマ同士の事故で、保険契約しているクルマに搭乗している運転手や同乗者が死亡、または後遺障害を被ったときで、相手のクルマが無保険車などで十分な補償を受けられないときに、保険金が支払われる保険です。

◆人身傷害保険
契約の車、または他の車に搭乗中、歩行中に自動車事故で死傷したり、後遺障害を負ったときに、過失の割合にかかわらず、損害額の全額について保険金が支払われます。

◆車両保険
衝突、接触、火災、台風、 その他偶然な事故によって被保険自動車自体に損害が発生した際に支払われます。保険金額は自動車の時価額を基準として定められます。

◆リスク細分型保険
リスク(事故に遭う確率と予想される損害の大小)によって料金が設定される保険です。保険会社はドライバーのプロフィールや過去の事故データ、所有するクルマの種類などをリスク(危険度)化し区分しています。そのデータを元に保険額をせっていするのがこの保険になります。リスクの少ない契約者の保険料は安く、リスクの高い契約者にはそれなりの保険料を負担していただきましょう、という考え方です。

◆SAP(自家用自動車総合保険
) 対人・対物・自損事故・搭乗者障害・無保険車障害・車両保険の6種類がセットになっていて、対人事故・対物事故共に示談交渉を保険会社が代行してくれる保険です。任意保険の中で最も充実している保険といえます。

◆PAP(自動車総合保険)
対人、対物、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害、車両保険の6つがセットになった保険です。示談交渉は対人事故のみ保証されています。

◆BAP(一般自動車保険
) 加入者が担保種目ごとに選択して保険を付けることができる、言わば、ばら売りタイプの自動車保険です。ただし、基本契約として対人、対物、車両保険のいずれか一つには加入しなければなりません。また搭乗者傷害保険は、対人、対物、車両保険のいずれかにセットして加入できます。対人には自動的に自損事故保険が付帯されます。示談交渉サービスが一切ありません。

◆ドライバー保険
運転免許証はもっているが自家用車を所有しない「ペーパードライバー」の方のための自動車保険です。具体的には自分でクルマを所有していないけれども、他人のクルマを借りて運転した場合に事故にあったときに備える自動車保険で、運転免許を持つ人であれば加入できます。

自動車保険に関する情報サイト/自動車保険情報館