自賠責保険

自賠責保険の内容

自賠責保険の補償内容は、自動車による交通事故で他人を死亡させてしまったり、他人に怪我を負わせてしまったなど、人身に対する損害を補償するものになります。そのためガードレールに自動車で一人で突っ込んだなどの対物補償や、交通事故相手の車両への損害等の補償は、自賠責保険ではフォローすることができません。また、人身事故であっても、損害額が自賠責保険の補償限度額範囲を大きく上回るケースが多いのが実状です。一般的に、自賠責保険だけでは自動車保険として安心できないと認識しておく必要があります。 自賠責保険の内容と金額

◆傷害による損害
被害者1人につき120万円まで。
(治療費・関係休業損害・慰謝料)

◆後遺障害による損害
被害者1人につき最高4,000万円〜75万円まで。
(逸失利益・慰謝料等)

◆死亡による損害
被害者1人につき3、000万円まで。
(葬儀費・逸失利益・死亡本人の慰謝料・遺族の慰謝料)

◆死亡するまでの傷害による損害
被害者1名につき最高120万円まで。
(傷害による損害の場合と同じ)
これらはあくまでも限度額であり、加害者に重大な過失があればこの金額が減額、または支払われないことがあります。

自動車保険に関する情報サイト/自動車保険情報館